2011年06月25日

東日本大震災復興構想会議 復興への提言〜悲惨のなかの希望〜

復興への提言
〜悲惨のなかの希望〜

平成23 年6月25 日
東日本大震災復興構想会議

 http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/fukkouhenoteigen.pdf



復興構想7原則
原則1:失われたおびただしい「いのち」への追悼と鎮魂こそ、私
たち生き残った者にとって復興の起点である。この観点か
ら、鎮魂の森やモニュメントを含め、大震災の記録を永遠
に残し、広く学術関係者により科学的に分析し、その教訓
を次世代に伝承し、国内外に発信する。
原則2:被災地の広域性・多様性を踏まえつつ、地域・コミュニ
ティ主体の復興を基本とする。国は、復興の全体方針と制
度設計によってそれを支える。
原則3:被災した東北の再生のため、潜在力を活かし、技術革新を
伴う復旧・復興を目指す。この地に、来たるべき時代を
リードする経済社会の可能性を追求する。
原則4:地域社会の強い絆を守りつつ、災害に強い安全・安心のま
ち、自然エネルギー活用型地域の建設を進める。
原則5:被災地域の復興なくして日本経済の再生はない。日本経済
の再生なくして被災地域の真の復興はない。この認識に立
ち、大震災からの復興と日本再生の同時進行を目指す。
原則6:原発事故の早期収束を求めつつ、原発被災地への支援と復
興にはより一層のきめ細やかな配慮をつくす。
原則7:今を生きる私たち全てがこの大災害を自らのことと受け止
め、国民全体の連帯と分かち合いによって復興を推進する
ものとする。
目 次

T.前文… ……………………………………………………………………………………1

U.本論

第1章 新しい地域のかたち… …………………………………………………………4
(1)序… …………………………………………………………………………………………4
(2)地域づくり(まちづくり、むらづくり)の考え方… …………………………………5
 @「減災」という考え方
 A地域の将来像を見据えた復興プラン
(3)地域類型と復興のための施策… …………………………………………………………7
  【類型1】平地に都市機能が存在し、ほとんどが被災した地域
  【類型2】平地の市街地が被災し、高台の市街地は被災を免れた地域
  【類型3】斜面が海岸に迫り、平地の少ない市街地および集落
  【類型4】海岸平野部
  【類型5】内陸部や、液状化による被害が生じた地域
(4)既存復興関係事業の改良・発展… …………………………………………………… 12
(5)土地利用をめぐる課題… ……………………………………………………………… 15
  @土地利用計画手続の一本化
  A土地区画整理事業、土地改良事業等による土地利用の調整
  B被災地における土地の権利関係
(6)復興事業の担い手や合意形成プロセス… …………………………………………… 16
  @市町村主体の復興
  A住民間の合意形成とまちづくり会社等の活用
  B復興を支える人的支援、人材の確保
(7)復興支援の手法… ……………………………………………………………………… 18
  @災害対応制度の創設
  A今回の特例措置

第2章 くらしとしごとの再生… …………………………………………………… 19
(1)序… ……………………………………………………………………………………… 19
(2)地域における支えあい学びあう仕組み… …………………………………………… 19
  @被災者救援体制からの出発
  A地域包括ケアを中心とする保健・医療、介護・福祉の体制整備
  B学ぶ機会の確保
(3)地域における文化の復興… …………………………………………………………… 22
  @人々を「つなぐ」地域における文化の振興
  A地域の伝統的文化・文化財の再生
  B復興を通じた文化の創造
(4)緊急雇用から雇用復興へ… …………………………………………………………… 23
  @当面の雇用対策
  A産業振興による本格的雇用の創出
(5)地域経済活動の再生… ………………………………………………………………… 24
  @企業・イノベーション
    ・企業への支援
    ・立地促進策
    ・中小企業
    ・産業・技術集積とイノベーション
  A農林業
    ・すみやかな復旧から復興へ
    ・3つの戦略
    ・平野部
    ・三陸海岸沿いほか
    ・林業
  B水産業
    ・水産業の重要性
    ・沿岸漁業・地域
    ・沖合遠洋漁業・水産基地
    ・漁場・資源の回復、漁業者と民間企業との連携促進
  C観光
    ・地域観光資源の活用と新たな観光スタイルの創出
    ・復興を通じた人の交流と観光振興
(6)地域経済活動を支える基盤の強化… ………………………………………………… 31
  @交通・物流
    ・災害に強い交通網
    ・物流システムの高度化
  A再生可能エネルギーの利用促進とエネルギー効率の向上
    ・被災地における再生可能エネルギーの可能性
    ・地域自立型エネルギーシステム
    ・産業としての再生可能エネルギー
  B人を活かす情報通信技術の活用
(7)「特区」手法の活用と市町村の主体性………………………………………………… 36
(8)復興のための財源確保… ……………………………………………………………… 37

第3章 原子力災害からの復興に向けて… ……………………………………… 38
(1)序… ……………………………………………………………………………………… 38
(2)一刻も早い事態の収束と国の責務… ………………………………………………… 40
(3)被災者や被災自治体への支援… ……………………………………………………… 40
(4)放射線量の測定と公開… ……………………………………………………………… 40
(5)土壌汚染等への対応… ………………………………………………………………… 40
(6)健康管理… ……………………………………………………………………………… 41
(7)復興に向けて… ………………………………………………………………………… 41

第4章 開かれた復興… ………………………………………………………………… 42
(1)序… ……………………………………………………………………………………… 42
(2)経済社会の再生… ……………………………………………………………………… 42
  @電力安定供給の確保とエネルギー戦略の見直し
  A生涯現役社会と高付加価値産業の創出
  B復興を契機として日本が環境問題を牽引
(3)世界に開かれた復興… ………………………………………………………………… 44
  @日本再生に関する内外の理解促進
  A世界に開かれた経済再生
(4)人々のつながりと支えあい… ………………………………………………………… 45
  @地域包括ケアと社会的包摂の推進
  A復興と「新しい公共」
(5)災害に強い国づくり… ………………………………………………………………… 46
  @震災に関する学術調査
  A今後の地震・津波災害への備え
  B防災・「減災」と国土利用
  C災害の記録と伝承

V.結び… ………………………………………………………………………………… 48

W.資料編………………………………………………………………………………… 52

X.参考資料……………………………………………………………………………… 66


http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/fukkouhenoteigen.pdf


posted by 忘れん坊 at 10:23| Comment(0) | 東北関東大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。