2011年03月21日

原発について

■放射線モニタリングデータについて http://www.kantei.go.jp/saigai/monitoring/index.html

■内閣府 原子力委員会 http://www.aec.go.jp/
gensiryokuiinkai2011-0322-1700pm.jpg2011.03.22 pm17:00現在のTopページ 

震災以降の事故に関する記事コメントはTopページには見当たりません。
日本の原子力政策はどここで行われているのでしょうか?
■原子力安全委員会 http://www.nsc.go.jp/index.htm
・耐震性向上への取り組み http://www.nsc.go.jp/taishinkojo/index.htm
  →新耐震指針の概要(PDF:216KB)
    ここに面白い表現があります。
4)確率論的安全評価手法活用に向けた取り組み
・・・「残余のリスク」に対する解説が今回現実化したと考えられますが、この場合のリスクの差引勘定は何をもって考えられていたのでしょうか?
gensiryokuanzen-2011-0322-2000pm.jpg2011.03.22 pm20:00現在のTopページ
「事件は現場で起こっているだ!」という刑事ドラマの台詞が頭をよぎった。
「安全」は想定外の事象が起こらないという考え(相当に希望的な)を前提として成り立っものだとしてきたのか。
ただ、今回の地震動や津波は少なくとも太平洋プレート上では起き現象で他地域では何度も大きな被害を出す事象として存在している。想定外といえる根拠を示す必要がでてきたのではないか?
ただ、今は起きている事故を早急に収束させることが急務。国民的な議論はその後。

 ・緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について(2011/3/23)
   http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf
■原子力安全委員会・班目委員長が記者会見(2011/3/23)
 【ビデオニュース・ドットコム】
   http://www.videonews.com/press-club/0804/001781.php


■原子力安全保安院 http://www.nisa.meti.go.jp/
・緊急時情報ホームページ http://kinkyu.nisa.go.jp/
■日本原子力学会 http://www.aesj.or.jp/
■原子力資料情報室の福島原発に関する記者会見【videonews.com】[2011/03/12]
   http://www.ustream.tv/recorded/13269582
 12日、福島第一原発1号機が水素爆発を起こし、建屋上部が吹き飛ぶ事故が起きた。この事故を受け、NPO原子力資料情報室は、福島原発の構造と現状について、緊急記者会見を行った。
■予言されていた“原発震災”広瀬隆氏インタビュー
 【ビデオニュース・ドットコム】
 http://www.videonews.com/interviews/001999/001771.php
■【緊急報告】広瀬隆/広河隆一 「福島原発で何が起こっているか?−現地報告と『原発震災』の真実」
  http://www.ustream.tv/recorded/13509353


posted by 忘れん坊 at 10:14| Comment(0) | 原発関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。